読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山手線E235系故障の原因

2015年11月30日(月)に、山手線で営業運転を開始したJR東日本の新型車両・E235系。しかし初日に車両トラブルが発生し、現在も運休が続いています。

なぜ、こんなにも車両トラブルが発生したのだろうか。

f:id:taiyo0730:20151202200137j:plain

JRは、主な原因としてこれを挙げました

「INTEROS(インテロス)」というシステムです。

E235系では走行機器の制御や状態監視、車内温度の管理など、従来よりも多くの情報をすばやく伝送する必要がでてきました。そのために開発されたのが、「INTEROS(インテロス)」というシステムです。

 

次世代車両制御システム「INTEROS」とは?(ヤフーニュースより)

 E235系に搭載された次世代車両制御システム「INTEROS」は、車両が動くために必要なあらゆる情報を、各機器に伝送するシステムです。

 たとえば、列車が加速するときはモーターに流す電気の量やタイミング、減速するときはブレーキの強さや停車位置の調整、さらに車内の空調制御や停車駅案内の表示など、それぞれの機器が様々な情報をやりとりしています。

 また最近はスマートフォンの「JR東日本アプリ」で、山手線を走る列車の混雑状況や車内温度を知ることができますが、これも各種センサーが常に計測し、車内のコンピュータに情報を送っているのです。

 各車両機器の高機能化や、乗客へのサービス機器の多様化に伴って、これらの情報量はどんどん増加し、従来の情報伝送システムでは処理しきれなくなってきました。そこで、新たに開発されたのが「INTEROS」です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

車両の不具合でなくてほっとしました。

早く「INTERS]が復旧しE235系と共に顔を出してくれると嬉しいです。