読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尾形光琳

尾形光琳

この人は、江戸時代でも有名な絵師である。

今回は、この人について探ってみよう。

 

http://www.inocchi.net/blog/wp-content/uploads/2012/12/e88ba5e586b2.jpg

 

光琳は万治元年(1658年)、京都の呉服商「雁金屋」の当主・尾形宗謙の次男として生まれた光琳30歳の時、父宗謙が死去し、光琳の兄が家督を継いだ。その頃、雁金屋の経営は破綻していたが、生来遊び人であった光琳は遊興三昧の日々を送って、相続した莫大な財産を湯水のように使い果たし、弟の尾形乾山からも借金するようなありさまであった。

ある日、光琳は弟から絵師になることを勧められ絵師になる。

光琳は屏風のような団扇を描いた。これは、たちまち評判をよび京都二条家からも依頼を受けたほどだ。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/bf0/295568/20090601_509557.jpg

 

その後光琳は、二条家からの勧めで屏風を描くことに専念する。

そして、最初の作品燕子花図を生み出す。

http://j-art.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_33c/j-art/kakitsubata6.JPG?c=a0

またこれも評判を呼び色々な作品を生み出す。

光琳は、最後に紅白梅図を描き生涯を閉じた。

 

 

 

 

http://p.twpl.jp/show/large/APtGq

尾形光琳のことをもっと知りたい方は、こちらをご覧ください

www.youtube.com

 

次回は、

headlines.yahoo.co.jp

これについて調べていきます。